少年野球の『肩が弱い』を克服する上半身の使い方

ボールが山なりで強く投げれない。

肩が弱い理由を知って強く投げられるようにしたい。

こんな悩みを解決します。

少年野球の『肩が弱い』を克服する上半身の使い方

小学生の野球で肩が弱くて悩んでいる選手はたくさんいます。その理由はなにか知っていますか?

筋力不足?練習不足?どれも違います。小学生の選手がボールを上手く投げれないのは、上半身が正しく使えていないから。ボールをしっかり投げる基本は上半身にあります。

ではボールを投げるために必要な上半身の動きや役割について解説していきます。

肩が弱いのはボールに力が伝わっていないから

ボールが上手く投げれないと周りから『肩が弱い』と言われます。ボールを投げるのは肩だけでしょうか?ほんとに強いボールに肩が必要なのであれば、座ったままでも強く投げれます。

でもメジャーリーガーでない限り、座ったまま1塁に強く送球ができる選手はいません。強いボールというのは全身で投げるものです。

ボールを投げる時の上半身と下半身の役割

ボールは全身で投げますが、上半身と下半身でそれぞれ役割が異なります。

ボールを投げる時の下半身の役割は加速と停止。足を踏み出し体重移動を使って加速し力を生み出します。足を接地した時に体を停止させ上半身に力を伝えます。

下半身を鍛えるというのは『力を生み出して上半身に伝える能力』を鍛えるということです。

では上半身の役割はなんでしょうか?上半身の役割は下半身からの力を無駄なくボールに伝えること。つまり下半身ばかりトレーニングしてもダメで、強いボールを投げるためには上半身がしっかり機能していなければいけないのです。

では上半身の役割である『無駄なくボールに力を伝える』というのはどういうことか解説していきます。

ボールに力を伝えるには肩・肩甲骨・胸の可動性が必要

上半身の役割である無駄なくボールに力を伝えるとはどういうことか?私が選手にボールの投げ方を指導する時にする例えは『ゴムパッチン』。

ゴムパッチンは固定する手と引っ張る手があり、その距離が長いほど強くゴムが弾けます。ボールを投げる動作でも同じで、固定する手と引く手があります。

ボールを投げる時の上半身のイメージ

グローブ側が固定、ボール側が引く手になります。グローブとボールの距離をしっかり保つことで上半身に力が溜まります。さらに重要なのが、なるべく長くボールが頭の後ろにあること。回転運動でボールを投げますが、強く投げれない小学生の多くがすぐにボールが前に出てしまい力を溜め切れていません。

そうなる理由は肩・肩甲骨・胸の硬さにあります。肩・肩甲骨・胸の柔軟性を高めることが強いボールを投げる最大のコツです。

ボールを強く投げるための胸・肩甲骨トレーニング

ボールしっかりと力を伝えるためには

  • ゴムパッチンの様に手を固定と引くことが重要
  • 頭の後ろに手がある状態を長く保つ

この2つが必要と解説しました。ではこれができるようになる為のトレーニングについて解説していきます。

胸反らしエクササイズ

投球動作で手を長く頭の後ろに引いておくには、肩・肩甲骨・胸の柔軟性が必要です。そのためのトレーニングを紹介。

  1. 頭の後ろに手を置く
  2. 手の甲と壁の間にボールやタオルを挟む
  3. ボール(タオル)を挟んだまま、上半身を前に出す
  • 10回×2セット

スキャプラローテーション

投球動作に必要な肩甲骨の可動域を引き出すエクササイズ。

動作はシンプルですが、円滑な腕の動きを意識することで強いボールを投げることに繋がります。動作を徐々に速く動かすようにチャレンジしましょう。

  • 10周×2セット(左右ともに)

投球ドリル

投球動作でボールを頭の後ろに保つためには、これまで紹介したトレーニングに加えて、実際にボールを投げて動きを変えなくてはいけません。ボールを投げる時は上の写真の様な動きをイメージしましょう。

投球ドリルについて解説します。

  1. トップの位置を作る
  2. 肩関節を軸に前後に腕を振る(3回程度)
  3. 腕が後ろから戻るタイミングに合わせてスローイング

近距離のキャッチボールや壁当てでやってみましょう。腕を後ろに振ったタイミングで体を回転させると上半身が連動した動作になります。反復して練習しましょう!

最後にヒトコト

いかがだったでしょうか?今回は少年野球選手の肩が強くなる上半身の使い方について解説しました。ボールを投げるのは体の使い方を知っているかで大きく変わってきます。

無理な筋力トレーニングよりも上半身の使い方をしっかり練習して強いボールを投げれるようにしていきましょう。

今回はこれで終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
takuya
動作の専門家理学療法士(国家資格)、野球トレーナー 臨床8年目の理学療法士 野球選手・保護者・指導者に向けてより正確な野球の知識を発信します 【自己紹介】 ・スポーツリハ専門の理学療法士 ・高校硬式野球部トレーナーとして活動中 ・年間を通して野球の障害予防をテーマに活動中