【初心者専用】病院のリハビリでやってる「野球ボールの投げ方」の教え方

悩んでいる人

野球ボールの投げ方の教え方がわからない。

初心者の野球選手に上手く教える方法を知りたい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

初心者に野球のボールの投げ方を教える方法を病院で野球少年のリハビリしているトレーナーが紹介

初心者に野球ボールの投げ方を教えるのは難しいですよね。

私も小学生の選手を指導するのですが、普通に教えても中々上達しません。

今回は病院のリハビリでやっている、初心者に対しての『野球ボールの投げ方』を教えますね。

投球動作の基本的な動きについて知りたい方はこちら。

スポンサーリンク

「野球ボールの投げ方」の教え方

ポイントは上半身と下半身を分けて動きを覚えてもらいます。

理由はボールを投げる動作自体が複雑だから。

複雑なものをいきなりやらすのは難易度が高いですよね。

私たちも日常生活で仕事をタスクごとに細分したり、試験勉強でも「シンプルに考える」という方法を使いますよね。

なので初心者には上半身と下半身を分けて動きを教えるのです。

たくや

ボールの投げ方も2つに分けてしまいます。

後からそれをくっつけるという流れで教えてあげるとうまくいきます。

では始めます。

「野球ボールの投げ方」の教え方~上半身編~

まずは上半身の教え方から始めます。

教え方:上半身編 STEP1 座り投げ

上半身の動きを覚えるためには座って投げることが有効です。

なぜか?それは立っていると脚からの感覚が入ってきて上半身の動きに集中しにくいからです。

上半身の動きだけを学習するために座って投げてもらいましょう。

使うのは背もたれのない椅子。正面に向かって座ります。

注意点としては2つ。

  • 骨盤と腰が動かないように
  • 強いボールを投げない

下半身の動きが入らないようにして、上半身の動きを意識させます。

強いボールを投げるのは下半身の力が必須です。

ここで上半身に力を入れすぎると「手投げ」の癖がついてしまいます。

なので、「力を入れて投げる」ではなく体幹や腕の動きを覚えるために座り投げをしましょう。

投げる距離は10ⅿ以内にしましょう。

たくや

選手には「力を抜いて大きい動きで投げて」と声を掛けてあげましょう。

教え方:上半身編 STEP2 立ち投げ

座り投げが上手くできてくると次は立ち投げをしていきます。

①最初は脚の動きを止めて投げましょう。

脚は肩幅で始めます。

座り投げの延長のように上半身の意識をしながら投げます。

腕の振りがスムーズにできるまで反復して練習しましょう。

うまく投げれだしたら次はひざの動きを入れながら投げていきます。

②ひざの動きを使って投げる。

膝が動き出すと骨盤の動きも入ってきます。

徐々に下半身と連動させるようなイメージですね。

チェックして欲しいのが胸の動きとSSEラインです。

胸が常に投げる方向に向いてしまわないように。

写真のようにしっかりと胸が横を向いて投げるかを確認しましょう。

胸の動きがしっかり出てくると体幹が使えているということになります。

たくや

しっかりとSSEラインが取れているかはとても重要。

手投げの癖があるとSSEラインは崩れやすいですよ。

SSEラインは下の記事で診方をチェックしてくださいね。

野球肘の予防に必須!SSEラインを解説

「野球ボールの投げ方」の教え方~下半身編~

次は下半身の動きの教え方をやっていきます。

教え方:下半身編 STEP1 小さなステップ

脚のステップ練習からやっていきます。

ステップ幅を徐々に広げていくようにしましょう。

初めから大きなステップはバランスを崩しやすいので小さめから。

注意点としてはこの2点。

  • 振り出し脚が地面につくまでは胸が回転しないように
  • ステップ脚のつま先とひざの向きがまっすぐ向くように

胸の回転・つま先の向きに注意しながら、徐々にステップ幅を広げていきます。

たくや

ステップを広げながら、1番体の動きやすいポイントを見つけていきましょう。

教え方:下半身編 STEP2 反復練習

STEP1で見つけた1番動きやすい歩幅での「踏み出しと回転運動」を反復して練習します。

歩幅については何足分が良いというのはありません。

1番体の動きがスムーズにできる歩幅にしましょう。

注意点はSTEP1と一緒ですね。

  • 振り出し脚が地面につくまでは胸が回転しないように
  • ステップ脚のつま先とひざの向きがまっすぐ向くように

このポイントを確認しながら下半身のステップ運動を反復します。

「野球ボールの投げ方」の教え方~全身の動きを合わせる~

全身の動きを合わせていきますがここからが難しいんです。

手足の動きを同時進行させるのが難易度高いですよね。

だから、まで経験の少ない小学生はうまく投げれず肘を痛めるんです。

たくや

その選手のレベルに合わせて、1番合っているものをやらせてあげましょう。

ここまでで上半身編・下半身編で基本的な動きはマスターしているのでそれを合わせます。

教え方:全身編 STEP1 前半の動き

まずは投球動作の前半の動きを手足を使ってやってみます。

ステップ脚を地面につくところまでです。

そこで確認するのが

  1. つま先とひざがまっすぐ相手に向いているか。
  2. ボール側の肘が肩まで開いて“トップの位置”ができているか。
  3. からだの開きがなく胸が張れているか。
  4. 上体が突っ込んでいないか。

写真右のような姿勢でピタッと止まれたら良いですね。

ここまでの動きを反復して練習しましょう。

野球ボールの投げ方の教え方:全身編 STEP2 後半の動き

次は投球動作の後半です。

写真左の姿勢から、体の回転と同時にボールを投げる。

また、始めの姿勢から・・・のように繰り返していきます。

慣れてくると少し反動をつけながらやってみましょう。

これで体重移動が大きくなりよりボールに力が入ります。

たくや

フォームの崩れに注意しながら進めていきましょう。

野球ボールの投げ方の教え方:全身編 STEP3 通して

最後は通して練習します。

まずは小さなステップからやってみます。

ここでもステップ脚がつくまでに上半身が回転しないように確認しましょう。

ステップ脚がついてから上半身が回転です。

たくや

あわてずに、徐々にステップ幅を広げていきましょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか。

初心者の場合、最初はなかなか上手くいきません。みんな初めはそうです。

最初からできる人なんておそらくいないでしょう。

それだけ高度な技術が必要なんです、ボールを投げるのは。

でもできるようになった時、上達したときの嬉しさは指導している側の私も同じです。

焦らず、でも毎日練習するように頑張りましょう。

今回はこれで終わりです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
takuya
動作の専門家理学療法士(国家資格)、野球トレーナー 臨床8年目の理学療法士 野球選手・保護者・指導者に向けてより正確な野球の知識を発信します 【自己紹介】 ・スポーツリハ専門の理学療法士 ・高校硬式野球部トレーナーとして活動中 ・年間を通して野球の障害予防をテーマに活動中